職場にバレない消費者金融はどこがオススメ?

カードローンに申込むのに審査がどのように行われるのか気になるところです。

特に、職場に電話がかかってくる「在籍確認」の審査では周囲にバレないかとても心配になります。
そこでオススメなのが消費者金融のアコムです。条件を満たせば在籍確認の電話連絡を回避することは可能なんです。

アコムキャッシング

実質年率 融資限度額 ネット完結
3.0%〜18.0% 1〜800万円 可能
審査時間 融資時間 電話審査
最短30分 最短1時間 免除可能

在籍確認の電話なしでバレない!

カードローンに申込むのに審査がどのように行われるのか気になるところです。

特に、職場に電話がかかってくる「在籍確認」の審査では周囲にバレないかとても心配になります。

どうすれば電話連絡審査を回避できる?

基本的には在籍確認の審査は電話連絡という形式で行われることになっています。ですから、勤務先に電話がかかってくるのは困るという事を消費者金融の担当者に伝えなければいけません。困る事情を伝える事で担当者は代替案を用意してくれます。それは審査の内容や進行状況によりますが、主には証明書類の提出によって電話連絡の代わりとなります。

電話確認はどのようにおこなわれる?

そもそも在籍確認の電話連絡はどのように行われるのでしょうか?

まず心配されているような消費者金融名を名乗って電話をかけてくることはありません。担当者の個人名でかけてきますので、周囲に知られることはありません。
消費者金融としては第三者に知られないように配慮しなければならないと決まっています。
「斉藤と申しますが、○○さんはいらっしゃいますでしょうか?」という電話がかかってくるだけなので安心です。

在籍確認はなぜ必要?

アコムをはじめほとんどすべての消費者金融では融資の絶対条件として、申込みをされるお客様が現在、「働いていて安定した収入があること」、となります。

 

・ プロミスのカードローン在籍確認なしについて→カードローン 在籍確認

カードローンのよくある質問を紹介

 
はじめて消費者金融でカードローンを利用しようと考えるとわからない事だらけで不安になるかもしれません。そんな方のためによくある質問を紹介します。
職場への電話なしを希望する場合はどのタイミングでお願いすればよいでしょうか?

ネットからの申込みの際に審査に必要な情報をすべて入力した後に、担当者から連絡が入ります。本人確認のためと、カードローンの意志を確認するためですが、これから審査に入りますという連絡です。このタイミングでお願いしましょう。審査内容と照らし合わせて、電話回避が可能か判断してくれます。

在籍確認の電話は審査が終わっても会社にかかってくる?

カードローン審査の確認電話は、契約が完了した後はかけるような事はありません。勤務先への電話審査は一度だけです。ですが、例外があります。それは返済が遅れた場合です。といっても1日遅れたから直ぐに電話がかかってくるというわけではありません。返済日直前に確認のメールが送られてきます。そしてもし返済が1日遅れてしまった場合、まずはメールで返済日の確認と、返済の振込を促されます。その後、携帯電話に確認の連絡が入ります。この段階で、振込み、もしくは返答が無かった場合、自宅の電話にかかってきます。同時に確認の郵便が送られてきます。それでも振込み、返答が無いと職場に確認の電話がかかってきます。そうならないようにすぐに対応しましょう。もし、たちまち返済額のお金が用意できないという事であれば、電話でその旨を伝えましょう。対応しないで無視する事が最も危険です。とにかく対応し、担当者に相談しましょう。

派遣の場合は在籍確認は派遣先の職場に電話をしてくるのですか?
いいえ、派遣元の登録会社に在籍確認を電話をするのが一般的です。どうしても職場のほうに電話をしてほしいという場合は担当者に相談してみましょう。

キャッシング 在籍確認

 

消費者金融のデメリット

 

消費者金融のキャッシングは無担保でスピーディ、即日融資可能とさまざまな利便性が高くメリットが多数ありますがメリットばかりではなく、デメリットもあるということを認識しておくことも大切です。

 

注意しなくてはならないのはついつい借りすぎてしまうこと。

 

はじめは気を付ける場合が多いですが慣れてきてしまうと便利なために必要以上にお金を引き出してしまうという場合があります。

 

キャッシングは年収の3分の1までという利用限度額がありますが契約をし利用が可能となるとその限度額まではお金を引き出すことが容易にできるようになります。

 

まるで自分の口座からお金を引き出す感覚となってしまうのです。

 

便利な分注意をしないといけません。

 

消費者金融会社で引き出したお金は必ず利息とともに返済しなくてはならないということを良く認識しておかなければ危険です。

 

金利は決して安いものではありません。

 

大きな金額を借りてしまうともちろん金利ももれなくついてきます。

 

銀行などと比較しても無担保なので金利は高めです。

 

あっという間に借金の金額が膨れ上がってしまい、借りた本人が一番びっくりしてしまうということもあるのです。

 

テレビのCMでキャッシングのご利用は計画的にとありますがまさにその通り。

 

充分にこのデメリットを認識し、確実に返済できる必要最低限の金額を利用するようにしましょう。

 

借りたらできるだけ早く返すという心掛けを忘れてはいけません。