カードローンの在籍確認は派遣の場合はどこに電話連絡がいく?

 
カードローンを申し込むと本当に職場に勤めているかの確認が必要です。
何かと嫌がられることが多い在籍確認の電話ですが、無担保融資である消費者金融のカードローンは、返済原資が給与収入だけなので、この確認をしないと貸金回収が確実かどうか判断できません。

もっとも、最近はプロミスのように在籍確認の電話に変えて、保険証などの提示により職場に在籍していることを確認することが増えています。

 

ただし、入社直後の人や転職回数が多い人は、申込時点で働いている会社が移動している可能性があるため在籍確認の電話がされる可能性があります。

 

この場合、問題になるのが派遣の仕事をしている人です。

派遣の仕事をしている人は、勤務先は派遣元の人材派遣会社になります。

しかし、人材派遣会社の派遣社員は派遣会社にいるわけではなく、通常は派遣先の会社で仕事をしています。

 

そのため派遣先の会社に在籍確認の電話をすればよさそうなものですが、それでは本当に派遣元の会社で勤めていることの確認ができません。

 

この矛盾点の解決方法は金融機関によってマチマチです。

 

一応カードローンの申込書には派遣先と派遣元の双方を記入するようになっていますが、派遣される人によっては、必ずしも同じ派遣先に長期間派遣されていない場合があります。

 

一番多いパターンは派遣元の会社に電話をして「在籍している」ことを確認することです。

 

申込者本人とは話ができませんが、給料の支払があることが確認できるため確実なのです。

 

ただ、最近は個人情報保護の関係で在籍の有無について回答しない場合があります。

 

そのような場合は、派遣先の会社に電話をすることで「派遣先で働いている」ことを確認することになります。