カードローンの仮審査と本審査ってどんなもの?

 
銀行や消費者金融などの審査は現在コンピューター審査が全盛です。

大手であれば、申込者の数が多いためいちいち手作業で審査をすることは現実的ではありません。そのため、審査プログラムを使って粗審査を行っています。

 

もっとも、粗審査とはいえ金融機関の審査基準に基づいたプログラムなので、その結果がそのまま審査結果となることが多いです。

 

この粗審査の段階を一般的に仮審査と言っています。つまり、仮審査の段階で審査に通るかどうかが決まり、多くの場合は融資限度額や金利と言った契約内容も決まっているのです。

 

では、本審査は何をしているのかと思われるでしょう。

 

仮審査では、申込者から提出された申込書に基づいて、信用情報を取り寄せます。審査では、信用情報の占める割合が高く、信用情報の内容で審査が決まるとも言われています。

 

つまり、信用情報の内容が悪ければ審査に通らないことを意味していますが、肝心な申込内容に間違いや虚偽記載があると、別人の信用情報で審査をしてしまうことになります。

 

信用情報に問題がある人が、別人に成りすまして申込をする例が現実にあるのです。

 

そのため、仮審査終了後に運転免許証などで本人確認をしています。融資額が大きな場合は源泉徴収票などで年収の確認もしています。年収も虚偽記載が多いのです。

 

このように運転免許証などで確認する手続や嫌われることが多い職場への在籍確認などを本審査と呼んでいます。

 

コンピューター上でプログラム審査をする審査が仮審査であり、運転免許証などで入力された内容が正しいかを確認する審査が本審査だと思っておけば、間違いはありません。

 

たいてい、仮審査に通った人に対し、仮審査終了後に連絡をして、運転免許証などを画像データでアップロードしてくださいと言うような連絡をしています。